​会長挨拶

福岡産科婦人科学会

​会長 宮本 新吾

2021年4月より福岡産科婦人科学会の会長職を務めさせていただくことになりました福岡大学の宮本新吾です。今後2年間務めさせていただきますので、宜しくお願いいたします。
 

我々産婦人科医師を取り巻く環境は、働き方改革よる労働環境の変化、社会保険診療制度の変化など、年々変化し続けています。さらに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる急激な社会変化が加わり、これまで以上に柔軟な対応力が求められています。
 

コロナ禍によって、全国で学会の中止が相次ぎました。今後の学会運営におきましては、オンラインができる体制の確立が必要であります。一方で、「顔合わせの議論することの大切さ」もあり、オンラインをハイブリッドした有効かつ有用な学会運営の在り方についても、課題としていきたいと考えています。
皆さまにはこれらの変化を前向きにとらえていただき、新しい良好な時代を構築していっていただきたいと思います。

 

皆さまのご協力をお願いして、ご挨拶とさせていただきます。

令和3年4月